HOME > 図書館の活動

図書館の活動

J.C.C.Newton賞

大学図書館では学部の枠を越えた知的活性化への取り組みとして、2000年度から初代図書館長の名を冠した作品募集をおこなっています。
このような取り組みが知的刺激となり、大学図書館がこれまで以上に知的交流と創造の場となることを目指しています。

      第16回(2015年度)の応募要領は5月頃発表の予定です。
J.C.C.Newton博士 (1848-1931)
1848年米国南カロライナ州に生まれ、メソジスト教会南部宣教師として1888年に来日し、翌年に新設された関西学院に赴任した。その後初代神学部長、初代および第3代図書館長を歴任、1916年には吉岡院長のあとを受けて、第3代院長となるなど創設期の学院と苦楽をともにされた。博士の家庭は常に学生や協力者に開放され、その「神のような生活と精魂を傾けた教育」によって人々に偉大な感化を与え、終生、愛と奉仕の生活を続け1931年に永眠された。
過去の受賞作品
第15回
2014年度 受賞作品
第14回
2013年度 受賞作品
第13回
2012年度 受賞作品
第12回
2011年度 受賞作品
第11回
2010年度 受賞作品
第10回
2009年度 受賞作品
第9回
2008年度 受賞作品
第8回
2007年度 受賞作品
第7回
2006年度 受賞作品
第6回
2005年度 受賞作品
第5回
2004年度 受賞作品
第4回
2003年度 受賞作品
第3回
2002年度 受賞作品
第2回
2001年度 受賞作品
第1回
2000年度 受賞作品

▲ページの先頭へ

大学図書館利用実態調査

大学図書館では、「よりよい図書館像を模索するために利用者ニーズを把握する」という目的で、学部生および大学院生を対象に「大学図書館利用実態調査」を4年ごとに実施しています。
今後も定期的にこれらの調査を実施し、大学の教育・研究を支援する大学図書館として、よりよい図書館運営と利用サービスの向上をめざしていきたいと考えています。
ここでは、調査結果及び分析結果をお知らせします。

▲ページの先頭へ